スクーリング

通信制大学院のスクーリングとは

スクーリングにはどんな準備が必要なのか、紹介します。

スクーリングに対する準備は必要か?

スクーリングを受ける前は、様子が分からず緊張しました。対面での講義は、どんな感じなんだろうと不安でした。はじめて大学に行って、授業を受けることに、期待もありました。担当の教授はどんな人だろう、講義の内容が理解できるだろうか、最終日の試験は難しいのだろうか、といろいろ考えました。

しかし、心配無用でした。なにも緊張することはありませんでした。スクーリングは、はっきり言って楽です。とにかく出席して、まじめに講義を聞けば、単位をもらえます。難しい試験はありませんでした。

たいていの授業は、講義の感想やまとめを書く程度でした。ほとんどの科目が、授業の最後に、感想文などを書き、終わり次第提出して帰るという流れでした。それで科目の単位はもらえました。

科目によっては、演習として、自分自身の心理検査を行い、その分析をする授業がありました。実際に、心理検査を行うことで、より深く学習できましたし、自分のことも客観的に理解するきっかけになりました。

資料請求