会社に勤めながら通信大学 | 社会人のための通信大学

会社に勤めながら通信大学

会社に勤めながら通信大学生になったわけですが、やはり学生の頃とは違い時間的な自由がありません。『レポート作成法』にも書きましたが、平日は教科書を読むことに時間を割き、週末にレポートを作成するようにしていました。


あまり残業のない会社だったので、6時前後には帰宅することができました。そのため、他の会社に勤めている人よりは、勉強時間を確保できたかもしれません。ただ、やはりネックだったのが、教育実習と介護実習でした。連続した休みはなかなか取れるものではありません。


そのため、自分の中であるひとつの決め事をしました。


『今年1年はレポートを作成し、科目試験も受け単位を取得していく。1年後、まだ教員になりたいという気持ちが全く変わらずにいられたら、会社を辞め教育実習に臨もう。』


スクーリングの時には、半年ほど前から会社に伝え、夏休みという名目で有休を使えたのですが、やはり社会人としては、長い連続休暇をなかなか申請しづらいものでした。そして1年後、やはり私の気持ちは変わりませんでした。そのため、会社にも事情を伝え、退社することにしました。もし、連続休暇を許してくれる会社にいるのであれば、会社に勤務しながら教育実習に行きたかったのですが、世の中そこまであまくはありません。


会社を辞めた私はすぐに時間の自由が利く、アルバイトを始めました。それからは、アルバイトをしながら勉強を進めていきました。周りの友だちは普通に仕事をしているのに、自分は仕事を辞めてアルバイト・・・。少し悲しくなることもありましたが、その先の夢のためなので、頑張ろうと思いました。


今思うと「有難いなぁ」と思ったことは、自分の両親に対してです。私が仕事を辞めても何一つ文句を言うことはありませんでした。「お前がやりたいことをやれ!」。そう言ってくれたことが有難かったです。

アルバイトと勉強の日々 そしてスクーリングへ

会社を辞め、アルバイトをしながら勉強を続けていきました。このようなことを書くと、非常に大変そうに思えるかもしれませんが、勿論ちゃんと休息を取る時間もありました。何もしない日もありましたし、友達と遊ぶ日もありました。


通信教育は自分のやり方次第で、どのようにでもなります。私の場合、初めのうちに一気にレポートを作成していたので、後が結構楽でした。


しばらくしてスクーリングが始まりました。私は必修科目+2つの科目を受講しました。現在はどうかは知りませんが、通信教育なのに1つの科目だけはスクーリングが必修だったのです。大学に通うには距離が離れていたので、スクーリングを行う大学の近くに1週間宿を取りました。


これはこれで、小旅行のような感覚で面白かったです。授業さえ終われば特に何もすることがなかったので、大学の構内を探索してみたり、町に出てみたり・・・。スクーリングで知り合った仲間と飲みに行くこともありました。


スクーリングには数多くの通信教育生(数百人)が来ていて、良い交流の場所であると思います。どの人も私と同じように近くに宿を確保しているようでした。こういった方たちと情報交換できるということは、今まで孤独だった勉強生活が、自分だけでなく他にもこんなに大勢の人が、同じ境遇だったんだなと感じることができる反面、頑張ろうという気になりました。