高卒から大卒へ 通信大学で学士を取得 | 社会人のための通信大学

高卒から大卒へ 通信大学で学士を取得

社会人となり、働き始めてみると分かることですが、職場によっては高卒の人と大卒の人とでは与えられる仕事内容や、給料面で差が生じることがあります。

いまだに残る「高卒」に不利な社会

大学に言っておけばよかった・・・

例えば、高校卒業後18歳で就職をし、その4年後に大学卒業をした人が入社してきます。すると、4年も早く仕事に就いていた人が役職も給与もすぐに追い越されてしまうといった話しをよく耳にします。


これを『大学に行くために使った学費や学んだ内容量が違うから当然だ』と考える人もいますが、やはり納得がいかない人も多いのではないでしょうか。

高卒から大卒へ

そんなときに使えるのが社会人のための通信大学です。高卒の人が持っていなくて大卒の人が持っているものは『大学卒業資格』つまり『学士』です。これを通信大学で取得してしまえば良いのです。そうすれば大学卒業者と同じ扱いになります。


今では、学士が取れる通信大学はかなり増えてきました。それだけ需要があるということです。多くの人が社会人として働きながら学士を取得し、スキルアップしています。普通に大学に通うよりも通信大学の方が学費が安いので、挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。


サイバー大学なら通学一切なし

ちなみに、一度も大学に行かずに学士を取得できる通信大学が「サイバー大学」です。


『仕事をしていて、自由な時間を確保しづらい・・・。でも大学卒業資格は欲しい!』


と思っている方にはおススメです。


学費は国立大学の約半額と驚きの金額です。通信大学ですが、普通の大学を卒業したのと同じ扱いになります。



▲▲ ここから無料資料請求できます ▲▲

※その他の通信大学は以下に掲載してあります。スクーリングなどで通学しなければいけない時もありますので、ご注意ください。


学士の取れる通信大学 一覧

都道府県名 大学名
北海道 北海道情報大学
群馬県 東京福祉大学
埼玉県 人間総合科学大学
淑徳大学
千葉県 聖徳大学
帝京平成大学
東京都 明星大学
日本大学
玉川大学
創価大学
東洋大学
法政大学
慶応義塾大学
日本女子大学
自由が丘産能大学・短期大学
東京福祉大学
東京福祉大学大学院
東京未来大学
武蔵野大学
愛知県 愛知産業大学
愛知産業大学・短期大学
日本福祉大学
大阪府 大阪芸術大学
京都府 佛教大学
佛教大学大学院
奈良県 京都造形芸術大学
兵庫県 神戸親和女子大学
近畿大学豊岡短期大学
近大姫路大学
宮城県 九州保健福祉大学

どの通信大学で学士を取るのか?

上記した表でも分かるように、多くの通信大学で大学卒業資格である「学士」を取得することができます。おそらく「どの通信大学で学士を取ったら良いのだろう・・・?」という悩みを抱える方がいると思います。

その辺りは心配しないでください。「どの通信大学で学士を取ったとしても全く同じものです。」

ではどういった判断基準で通信大学を決定するのか?と言うことですが、次の通りになります。

  1. 住んでいる場所
  2. 学費
  3. システム
  4. 大学名

このいずれかになるかと思われます。

住んでいる場所

通信大学ですので、基本的には大学に行くことはありません。しかし大学によっては通信学生でも大学の施設を使えることがあります。何か調べ物をしたりする場合、大学が近ければ簡単に行くことができます。

学費

学費で選ぶ方もいらっしゃいます。元々、通信大学の場合は学費が安いです。通常の大学の学費に比べ4分の1以下と言う場合がほとんどです。

システム

通常通信大学の勉強は、入学してから大量の教科書が届きます。それを読みレポートにまとめ合格し、試験を受けて合格した後に単位として認められるのですが、サイバー大学のように動画で勉強するタイプの受講方法もあります。

こういった授業システムの場合、インターネットがつながれば、いつでもどこでも勉強をすることができるのが特徴です。

大学名

通信大学と言っても正式な大学です。なので、大学名で選ぶ方もいます。日本は学歴社会ですので、大学名で評価をする人もいることも事実です。そういったことを強く意識するのであれば、有名大学の通信を選んだ方が良いでしょう。

通信大学の選び方は人それぞれ

このように、どの通信大学にするのかは人それぞれ違います。私の場合は「学費」で選びました。当時はインターネットを利用して授業を受けることはできませんでしたし、単純にお金がなかったので、そういった選択をしました。

もし選ばれる大学でスクーリング(学校に行って授業を受ける)が必修と言うことであれば、スクーリング開催地が近くの大学を選ぶと良いかもしれません。一昔前までは、大学まで行かなければいけなかったのですが、最近ではスクーリングが地方でも開催されることが多いです。どこでスクーリングが開催されるのかを資料請求をしてチェックした方が良いと思います。