社会人でも学べる大学がある | 社会人のための通信大学

社会人でも学べる大学がある

私は社会人として働いていながら、通信大学で教員免許を取りました。

1つの会社にこだわらず、能力を活かしてステップアップ

日本では、1つの会社に入社したら、そこに骨を埋める覚悟で一生働くような風習が残っている気がしますが、北欧では何度でも学校に行き直しスキルアップしてから、転職をする人が多いと聞きます。特に1つの会社にこだわらず、自分の特技を活かせる場所へ移動していくといった感じです。


北欧の教育システムは世界中から注目されています。仕事を何度も変える人が多い国なのに、現在の教育レベルは世界トップクラスです。つまり、資格を取ってスキルアップし、新たな仕事をするといった方法は非常に有効であると思うのです。


日本の場合は、1度大学を卒業すると、再び大学に戻る人はほとんどいません。ただ、非常に少数派ではあるのですが、スキルアップのために資格の専門学校に通う人がいます。また、通信制の大学に通う人もいます。私もの1人だったのです。


私のように、社会人になった後にもう一度、大学で勉強できる制度がある大学を調べてみたところ、結構沢山あるということが分かってきました。私のように教員免許が取れる大学や、行政書士、司法書士、税理士、臨床心理士、社会保険労務士など、他分野において勉強することができます。

特に最近は増えている傾向がある

近年では社会人の方で通信制の大学で勉強をする人は増加しているようです。私自身、通信大学のスクーリングにいった時に、非常に大量の通信大学生を目の当たりにしました。年代はバラバラ。職業もバラバラ。数人の方とお話をさせていただいたのですが、全国色々な所から参加されていました。自分の夢を再び追い始めた人、仕事に満足していない人、キャリアアップをしたい人、不景気なので資格を取って就職の役に立たせたい人など様々です。


次のページではどんな資格や免許がどんな大学で学べるのかを掲載したいと思います。