社会人が通信大学で取得できる資格や免許 | 社会人のための通信大学

社会人が通信大学で取得できる資格や免許

社会人が通信大学で取得できる資格や免許を調べてみたところ、かなり沢山の通信大学がありました。ただし、働きながら通信大学に通うとなると、色々な「障害」が出てくると思います。

  1. 勉強・実習時間が確保できない
  2. モチベーションが維持できない

障害として考えられるのはこの2点が大きいと思います。

勉強・実習時間が確保できない

社会人として働いていると、勉強する時間を確保しにくいことがあります。私は小学校の教員免許を2年半かかって取得したわけですが、勉強時間は1週間で平均10時間ほど確保するようにしていました。

仕事の前や終わった後に、少しでも時間を取るようにしていたのです。1日1時間~2時間程度ですので、このくらいの時間であれば確保できるかと思います。

ただし、あくまでも私の場合で、1日1時間~2時間も時間を確保できないという方はいるかと思います。そういった時には少し自分の生活を見直してみてください。私の場合は褒められたことではありませんが、睡眠時間を削りました。それまでは1日6時間寝るようにしていたのですが、それを4時間~5時間にしたのです。

「1日1時間~2時間、もしくは週末にまとめて時間確保ができない」
「睡眠時間を減らすなんてできない」

と思っている方は、通信大学での勉強は出来ないと思います。お金の無駄ですので、辞めたほうが良いでしょう。

モチベーションが維持できない

時間の確保と同じくらい重要なのが、モチベーションの維持だと思います。つまり「やる気」ですね。やる気があると、どんどん知識を吸収していきます。ただやる気がないと、何時間勉強していても全く身になりません。時間だけが過ぎていき、勉強をした気になってしまうのです。

私のモチベーション維持のコツは2つありました。1つは「計画を立てる」。もう1つは「スクーリングに参加する」です。

ある程度無茶な1ヵ月の勉強計画を立てます。そして1ヵ月が終わるころ、どこまで終わっているのかを見ます。目標まで全然足りていないと「あ、まずい!」と思うようになります。私の場合そういった時には必死になるので、その後の勉強はスピードアップするのです。

スクーリングに参加することは非常に良い効果をもたらします。基本、通信大学での勉強は1人で行います。学生時代のように、勉強をする仲間が周りにいるわけではありません。周りに仲間がいないと、だらけてしまうのです。スクーリングでは同じ目標を持った仲間が沢山訪れるので、非常に良い刺激となり「自分も頑張らなきゃ!」という気持ちになるのです。

社会人として働きながら学びやすい通信大学

ここから紹介する社会人のための通信大学は、会社に通いながらでも比較的楽に取り組むことができる通信大学を紹介したいと思います。

サイバー大学

サイバー大学は、すべての授業をインターネットで行う4年制大学です。通学が一切不要で学士号を取得できます。スクーリングの必要もなく、都合のよい時間にオンデマンド方式の授業を受講することで、社会人でも無理なく学ぶことができます。





ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)

ビジネス・ブレークスルー大学は日本で始めて、100%オンラインで経営を学ぶことができる大学です。100%オンラインということは、大学に一度も行かなくても良いということです。

スキルアップのために経営学の学士を取りたいという方にはふさわしい大学です。

早稲田大学 人間科学部 eスクール

人間科学の学士が取れる通信教育課程です。インターネットで動画配信される授業を受講する形になります。レポート提出や小テストなどもインターネットで行うことができます。インターネット上の掲示板で質問や議論をすることができます。

北海道情報大学 通信教育部 経営情報学部

eラーニングが充実していて、インターネットメディア授業の単位をスクーリング単位に振り替えることが可能なため、スクーリングに通わず卒業単位を修得できます。また、高校の情報や商業の教員免許まで取得することができます。

 ※学士とは大学卒業した人に与えられるものです。つまり、高校卒業して大学に行っていないという方が、大学卒業の資格が欲しい場合には、この学士を取れば同じことになります。